在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

 

ビザと在留資格が別物であるということは以前、コチラ でご説明いたしました。

 

今回は、長期間日本に滞在する上で必要となる、在留資格認定証明書について、その取得方法をご説明いたします。

 

VISA

 

在留資格認定証明書とは?

 

まず、ビザは基本的に、在外日本公館で申請をして取得をすることになります。

 

しかし、日本に来る目的が、就労など長期にわたる場合、残念ながら審査に非常に時間がかかってしまうこととなります。

 

これは、在外日本公館は、日本現地の状況をすべて把握することは難しいためです。

 

そんな時に活躍するのが、「在留資格認定証明書」というものです。

 

これは、日本の入国管理局が申請人である外国人が日本で行う予定の活動が、それぞれのビザの要件に合致していることを審査をして、それが認められたうえで交付される証明書のことです。

 

もちろん中長期にわたる日本滞在の場合ですので、短期滞在の場合は交付されません。

 

この在留資格認定証明書の交付を受け、在外日本公館で手続きを行うことで、審査の時間を短縮できるというわけです。

 

在留資格認定証明書交付から日本入国までの流れ

 

それでは、この在留資格認定証明書の交付申請から日本入国までの流れを簡単にご説明いたします。

 

<日本国内>

 

1.在留資格認定証明書の交付申請を行う

 

 こちらは日本の入国管理局で申請することができます。

 

 提出する書類に関しては、日本で行おうとしている活動の種類により違ってきますのでまずはご確認ください。

 

 申請を行うことができるのは本人、もしくはその代理人です。

 

 もちろん、当事務所の申請取次行政書士も行うことができます。

 

2.在留資格認定証明書 交付

 

 この場合、外国人が日本にいない場合は、その代理人が受領した在留資格認定証明書を送付することになります。

 

<日本国外>

 

3.VISAの申請およびその交付

 

 在留資格認定証明書を在外日本公館に提示し、VISAの交付を受けます。

 

 注意しなければならないのは、在留資格認定証明書があるからと言って必ずビザが発給されるわけではないということです。

 

 ビザが下りない場合もありますのでご注意ください。

 

<日本国内>

 

4.日本上陸

 

 ビザが発給されたのち、日本に来ることができます。

 

 在留資格認定証明書の交付日から3か月以内に上陸する必要がありますのでご注意ください。

 

 上陸後、在留カードが渡されることになります。

 

簡単な流れは以上です。

 

しかし、その取得には様々な書類を集めなくてはなりません。

 

時間もない、やり方がわからない

 

そのような場合はぜひプロの行政書士にお任せください。

 

在留資格の取得までサポートさせていただきます。

 

在留資格認定証明書取得費用

 

在留資格認定証明書交付申請 120,000円~

このほかに別途実費がかかります。(翻訳、国際スピード郵便費等)

 

まずは こちら からお問い合わせください。

関連ページ

帰化申請について
帰化申請について大阪市北区の国際行政書士が説明しています。日本国籍を取得する場合の注意点などブログと合わせて詳しく解説していますのでご参考になさってください。
公印確認とアポスティーユ
国際業務を専門にする当事務所では公印確認やアポスティーユも迅速対応が可能。最速ご相談日に申請可能。海外の不動産取得や国際結婚等併せてご相談ください。
ビザと在留資格
ビザと在留資格について同じものであると思われる方が多いですが、実はこの二つは違うものです。その違いをきちんと理解してスムーズな入国手続きに進めるよう当事務所ではサポートを万全に行っております。まずはご相談を。

業務内容 お問い合わせ 事務所概要