ビザと在留資格はちがうもの?

ビザと在留資格

ビザと在留資格

 

ビザと在留資格、この二つはよく同じものとして使われる方が非常に多いです。

 

「今度転職するんだけどビザの書き換えできる?」

 

とか

 

「ビザはあるから日本にいても大丈夫」

 

などといった使われ方で、国際業務に従事する先生方もよく聞くことだと思います。

 

ですが、この二つ、実は違うものだと知っていますか?

 

日常会話などでは問題ありませんが、法律の解釈等専門用語を理解するときにはこの二つの違いをきっちりと押さえておくことが重要になります。

 

まず、申請場所ですが在留資格は入国管理局が主な申請先になりますが、ビザは在外の大使館または領事館に申請することになります。

 

ビザはパスポートにシール式のものが張られることが多いようです。

 

そして最も大切なのが、ビザは日本への上陸許可を得るうえで必要な要素の一つであるということです。

 

これはどういうことかというと、一部ビザの必要のない場合を除き日本に上陸するにはビザが必ず必要であるということです。

 

また言い換えると、ビザは海外の大使館または領事館が問題ないと判断したものであるので、ビザがあるから入国が必ずできるというものでもありません。

 

そして日本に上陸、つまり入国後は在留資格で日本に滞在することになります。

 

大阪入管,ビザ,在留資格,国際,行政書士

関連ページ

帰化申請について
帰化申請について大阪市北区の国際行政書士が説明しています。日本国籍を取得する場合の注意点などブログと合わせて詳しく解説していますのでご参考になさってください。
公印確認とアポスティーユ
国際業務を専門にする当事務所では公印確認やアポスティーユも迅速対応が可能。最速ご相談日に申請可能。海外の不動産取得や国際結婚等併せてご相談ください。
在留資格認定証明書
在留資格認定証明書を取得する方法をご説明します。大阪で行政書士に在留資格認定証明書の取得をご依頼される場合は当事務所のプロフェッショナルにお任せください。

業務内容 お問い合わせ 事務所概要