大阪の行政書士はぜひ乾事務所まで!

海外で遺言を残す方法

海外で遺言する方法

行政書士 乾 事務所

遺言の方式や公証人の手続きは厳格に決められているのですが、海外に在住する日本人はどのように遺言をすればいいのでしょうか?

 

行政書士 乾 事務所

 

実は海外で遺言をする場合、日本の方式でもその居住国の方式でもどちらでも大丈夫であるとされています。

 

その国に日本の領事が駐在しているのであれば、日本の法律の定めるところにより秘密証書遺言や公正証書遺言も作成することができます。

 

しかしながら、遺言の内容やその遺産の所在地によっては適用される法律(準拠法)が異なることもありますので、その国の法律制度を遺言作成前に調査しておくことも必要です。

 

外国で日本の法律に基づく遺言を作成するには

 

基本的に自筆証書遺言の場合は日本にいるときと同じように作成することができます。

 

行政書士 乾 事務所

 

また、日本領事が駐在する国では秘密証書遺言や公正証書遺言も、その領事に公証人の職務を行わせることで作成することができます。

 

その領事が駐在する国に住んでいるということは必要ではありません。

 

ですから、一時旅行者等も利用することができます。

 

この際の本人の確認には印鑑登録証明書のほかにパスポートまたは運転免許証の提示などによることができます。

 

また、記載言語について民法上に規定はありませんので、日本語でなくても外国語で遺言をすることも可能です。

 

印鑑がない場合には、署名に加えて拇印または指印で代えることもできるとされています。

 

ただし、証人に関してはその遺言の言語を解することが条件です。

 

日本語で遺言する場合、証人が日本語を解さないのであれば通事が必要になりますのでご注意ください。

 

行政書士 乾 事務所

 

準拠法が問題になる場合

 

遺言の内容や遺産の所在地によりどの国の法律が適用されるかということが海外で遺言する場合に問題になることがあります。

 

この際適用される法律のことを、準拠法と呼びます。

 

遺言については次の三つの準拠法について考える必要があります。

 

@ 遺言の作成方式についての準拠法

 

 遺言書作成の方式については「遺言の方式の準拠法に関する法律」という法律が定めています。

 

これに定められるところによりますと、遺言をする国や地方の法律・遺言をするときまたは死亡した時に国籍を有した国の法律・遺言を作成したまたは死亡した時の住所または居所を有した地の法律・不動産に関してその不動産の所在地法のいずれかに適合していれば有効とされます。

 

ですので日本人であれば日本の方式であってもその国の法律であっても有効な遺言書を作成することができます。

 

A 遺言しようとする法律行為についての準拠法

 

 つまり遺言の内容に関する準拠法のことですが、相続については被相続人の本国の法律に従うとされています。

 

その一方で、認知などの場合は認知の際の本国法が定める要件を満たすことが必要とされますので、認知しようとする子供が二重国籍である場合はその居所の法律に従う必要があります。

 

ただし、不動産に関してはその所在のちの法律に従うとされている場合もありますので、かならずその地の法律について調査するようご注意ください。

 

B 遺言の成立についての準拠法

 

 日本国内では、遺言が有効に成立したかどうか厳格に定められており、また遺言の有効性をめぐる裁判も多々あります。

 

このように成立の有効性に関する準拠法ですが、日本国内で争われる場合には外国法で定める方式でなされた遺言に関しても遺言者の本国法である日本の法律で争われることになります。

 

以上、海外に在住する日本人が遺言する際に注意しなければならない点につきご説明させていただきました。

 

参考にしていただければ幸いです。

 

また何かわからないことや個別具体的な例に関しましては直接お問い合わせください。


関連ページ

自筆証書遺言
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
公正証書遺言
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
秘密証書遺言
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
遺言できる内容
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
証人や立会人
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
遺言を訂正する場合
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
遺言書作成後の財産の処分について
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
遺品整理
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。

業務内容 お問い合わせ 事務所概要