大阪の行政書士はぜひ乾事務所まで!

一般貸切旅客運送事業

一般貸切旅客自動車運送事業(観光バス)

観光バス 

 

運送業にはさまざまな種類がございますが、ここではいわゆる観光バス事業の許可申請についてご説明いたします。

 

一般貸切旅客運送事業と呼ばれるこの許可ですが、概要は団体と契約を結び行う事業に必要な許可となっています。

 

 

貸切観光バスの事業を始めるにあたってはこちらの許可が必要です。

 

路線バスなどとは違い乗合の乗客を乗せることは原則禁じられていますのでご注意ください。

 

申請の流れ
 

許可要件のチェック

要件を満たしているのかチェックいたします。
基本的に人・場所・資金の3つの要件を満たす必要があります。

申請書作成および添付書類の収集

申請書類を作成します。
また、申請書類に添付する書類を収集します。

許可申請書提出

提出後、法令試験の通知がやってきます。
準備を怠らないようにしましょう。

法令試験受験

法令試験は1回落ちてももう一度チャレンジできます。
ただし2回落ちた場合、許可申請は却下されるか取り下げなければなりません。

許可の通知

通知が来たらその後の手続きに移ります。
車のナンバーの取り付けなどです。

 

簡単な流れは以上です。

 

申請前に要件をしっかりと詰めていくことが非常に重要です。

 

 

 

行政書士乾事務所では許可申請に当たり次のサービスを提供しています。

 

許可申請の要件の確認

 

現地調査

 

法令試験の準備

 

 

その他、許可申請に関するご相談はいつでも受け付けております。

 

お気軽にご連絡ください。

一般貸切旅客運送事業の要件

観光バス事業を始めるにあたり、申請者が必要な許可の要件は以下の通りです。

 

ちょっと営業所の位置が気になるんだけど?

 

法令試験に合格するかどうか不安

 

自己資金をどの程度集めればいいのかわからない

 

といったようなご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

1.営業所

 

 

営業所が営業区域にあること

大阪府で営業するには大阪府内に営業所がなければなりません。

 

申請者が土地・建物について3年以上の使用権原があること

事業のためにその土地・建物を使用する権限を有している必要があります。

 

農地法都市計画法建築基準法等、関連法案に抵触していないこと

 

 

事業計画を的確に遂行することができるものであること

 

 

2.最低車両数の制限

 

 

営業所のある営業区域ごとに3両以上

ただし、大型車を使用する場合、5両以上

 

申請者が使用権原を有するものであること

 

(参考資料)

関連ページ

車庫証明
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。
廃車登録
大阪市でプレナップ作成、車庫証明などから許認可申請を考えておられる方は行政書士 乾 事務所にお任せください。  ご相談からアフターケアまで丁寧にお客様のニーズにこたえていきます。遺言書作成や建築業許可、風俗業営業許可も安心の乾事務所までお気軽にご相談ください。

自動車の区分

自動車の要件

大型車 車両の長さ9m以上 または 旅客席数50席以上
中型車 大型車・小型車以外の車
小型車 車両の長さ7m以下 かつ 旅客席数29席以下